でりしゃす六供店の再開はいつ?o157の原因はなんだった?

最近この事件でテレビが大きく報道されてますね。

この近隣の深谷市という場所によく行くんですよね。

現在は群馬県に広がってますが当時は熊谷の籠原店が発端となっていました。

知り合いの話では、昔はあそこファミリーブックの関連企業が入ってた店をそのまま利用して出来たという話でした。

あの通りは地元では自衛隊どおりになるそうです。

これがいったいなんなのかというと、この問題となった店舗の先に航空自衛隊があるので、地元の人たちはそう読んでいる通りだそうです^ ^

ちなみに横道に入るとやはり今話題の東芝があるんです。夜勤の人はあそこで昔からお弁当を買ったりして来ている人もいる筈です。

僕は短期ですがああいうお惣菜を作っている仕事をした事がありますが、日本人が半分ぐらいで私と仕事してたのがフィリピンの留学生?がバイトしてました。

安い賃金なので日本人は殆ど募集しても来ないみたいなことを店長が愚痴っていたのを思います。

私は単発バイトだったんで、その日だけだったんですがきつい仕事の割りに暑いし(クリーンスーツというものを着るため)蒸気は出ているので蒸しているという正直最悪な労働環境でした。

あれが毎日だったら正直逃げ出していたかもしれないです。

次から次へ運ばれてくるお惣菜をパックに詰めるんですがこの時に、手袋をずっとし続けている人もいる訳ですよ。

自分はほうれん草の胡麻和え?みたいなもんをつめてましたけど、そこでは手袋は時間で消毒するという感じでした。

でてくる惣菜が変わったからやるという訳ではないので、どこで食中毒が入ったかなんて解る訳ないと思います。

最近はああいうお惣菜の大半アウトソーシングが多いと思います。

なんでもかんでもアウトソーシングでいいんでしょうかねとちょっと疑問に思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です