静電気ビリビリジュースの作り方は?ドリンクの材料やレシピを紹介!

でんじろう先生が特性の静電気ビリビリジュースなるものを作って持ってくるようです。

反応があまりにも面白いので、これって家じゃ作れないのかなということで調べてみました!

そしたら結構作れるということなのでちょっとまとめておきますね!

ただ威力が強いので、自己責任で真似してくださいね。

僕は・・・ww


スポンサードリンク

ビリビリジュースの材料は?

まず材料として用意するものですが、

  • プラスチックのコップ
  • アルミホイル
  • セロハンテープ
  • バールーンアートとかで使う細長い風船
  • ティッシュ
  • ジュース

という結構簡単に揃うもので作れます!

ジュース自体は何でもいいんですが、炭酸にしてしまうと炭酸のバチッとくる感じなのか、それとも静電気なのかわからなくなりそうなので、炭酸じゃない方がいい気がしますけどね。

まぁそんなことが関係ないくらいビリビリくるようですが。

作り方は?

まずはコップにアルミホイルを巻きます。

この時にした半分くらいに巻いてもらって、飲めるくらいは空けといてください。

そしたらコップにジュースを投入!

次にアルミホイルをくるくると丸めてマドラーのようにしてもらってジュースの入ったコップに入れてください。

そしてそのアルミホイルに向かって風船をティッシュでこすって静電気をこれでもかというくらい発生させて、近づけるというのを繰り返します。

ちなみに触っていしまうとやり直しだそうです。

 

ここで気をつけたいのは10秒以内しか貯めてはいけないということです。

かなり痛いです。

というかやばいので、これは守りましょう。

そしてマドラー状にしたアルミホイルをストローのような電気を通さない物質で取り除きます。

でっ、飲む!

 

そうすると

「あぁぁぁぁぁ!」ってなるということです!


スポンサードリンク

本当にそんなになるの?

結構疑う方が多いと思うんですよね。

テレビで見てもどうせ演出でしょという感じで。

それなら実際に映像で見てみましょう!

こちらの動画では作り方もやっているので、言葉だけではわかりにくかったと思うので動画を参考にしてください。

ちょっと上とはやり方が違います。

そして気になる動画がこれ!

バチってなってる!

これはやばいですね。

ちなみに飲んでいる動画というが3:35あたりからになるのでそこだけを見たい方はそのあたりから動画を再生してみてください。

 

でんじろう先生が作るビリビリジュースを家庭でも簡単に作ってしまうという話でした!

見た目でばれてしまうのでドッキリにはできませんが、一つに罰ゲームとかにしたら盛り上がりそうですね。

ちなみに僕がこんなことやられたらガチでキレそうですねww


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です