海保知里アナが講師の場所は?英語を子供に読み聞かせる法則とは?

11/18の爆報!THEフライデーにフリーアナウンサーの海保千里さんが出演していましたね。

海保さんは以前までニューヨークに移住していたようですが、現在は日本に帰国しており、子供を対象とした英語の読み聞かせの講師をしています。

都内のマンションに子供2人と旦那さんの4人で暮らしているそうです。

旦那さんは映画会社に勤めていた方です。

そんな海保さんですが今やカリスマ講師と呼ばれているらしいですね。

多くの人から受けたいと言われる海保さんの読み聞かせはどこで聴けるのかを調べてみました。


スポンサードリンク


海保さんの読み聞かせはここでやっている

かなり面白いと言われる海保さんの英語の読み聞かせですが、いったいどこに行けば聴けるのかというと・・・

毎回場所が違うようで、絶対にここでやるというふうに決まっているわけではないそうです。

公園でやったり図書館でやったりと場所はいろいろあるそうですね。

ちなみに都内という情報がありましたが、都内だけではないようです。

 

次回の英語読み聞かせは

神奈川県大和市文化活動拠点シリウスという場所で行うそうです。

日付は12/10ということです。

海保さんのオフィシャルブログ内で告知がしてありましたので
気になる方は覗いてみてくださいね。

ちなみに20名限定となっていたので今はどうですかね。

しかし今回だけではなくて、いろいろな場所で何回もやってもらえているのでいいですね。

 

ちなみに爆報の中では東松山市立図書館でやっていました。

子供の時からそうやってたくさんのことに触れるってとてもいいことですよね。

聞けば聞くだけ子供は覚えますしね。

それをどうやって聞かせるかが問題なんですけどね。

小さい子の集中力なめんなよ!って感じですが、

海保さんには絶対的な自信があるそうです。

 

それはニューヨークで培ったある法則を使うことで、子供に英語を読み聞かせることができるようです。


スポンサードリンク

読み聞かせることができる法則とは

そんな気になる法則とはどんなものなのかというと。

簡単い言ってしまえば

「行動しながら聞かせる」というものです。

 

体を動かしながらでもいいし

歌を歌いながらでもいい

何かをされながらでもいい

 

なんでもいいんですが、ながらで聞くというものですね。

テレビで見ていたんですが、かなり効果ありのように見えました。

 

だって子供なんて数分でさえじっとしてられないじゃないですか。

僕は出来なかったらしいですよ。(僕だけ?)

 

でもそんな子供たちは楽しそうに笑いながら英語を覚えているんです。

まぁ多少はテレビ的な要素も入っているのかもしれませんが、

シャボン玉についてシャボン玉をやりながら教えた後に

 

シャボン玉って英語でなんていうの?と聞いたら

すかさず「バブル!」って答えてたのは衝撃ですね。

イメージはこんな感じですね。

象を教える時みたいな感じが一番近い気がしますね。

確かに子供すごい楽しそうですよね。

 

こんな感じで英語を読み聞かせるようです。

なんか読み聞かせって聞くと、ただ読んで終わりのようなものかと思ったら全然違くていかに楽しくできるかが考えられているんですね。

こんなやつだったらもし自分の子供ができたら通わせてみたいですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です